価値観によって左右されるクレカ現金化

価値観によって左右されるクレカ現金化

夏場なのにエアコンが壊れたので買い変えたいと思っているが予算が足りない

恩師が亡くなり葬儀に行きたいが手持ちが少ない
ねずみ講に遭い突然の出費に今月乗り切るのがつらい
病気で倒れ入院を余儀なくされたが手術代を支払うあてがない

 

このような不意の出費で困った経験はありませんか?そんなときに便利で有り難いのがクレカ現金化です。

 

登録から借り入れ、実際にお金が振り込まれるまでのスピードが速いことが売りの商売ですが、どのお店も高換金率を保証するような印象を感じる内容のお店が大半を占めており、「うちは低いけどそれでも良ければ」という弱気なお店は存在しません。

 

まあ商売として運営しているなら当たり前では有りますが、しかしこの高換金率、即日振込といった謳い文句を簡単に信じ込んではいけません。

 

その事由として、過去にクレカ現金化業を営んでいた従業員の逮捕者数は1人や2人では無いという既成事実があり、その換金方法は一つ間違えれば違法な商売として断定されるコトが懸念されているからです。

 

新聞やテレビなどでご覧になったことのある方も多いのではないでしょうか。

 

利用者にもこの場合何らかの責任を被るのではないかと思いませんか?士業の方に相談を持ち掛けた経験が有りますが、クレカで購入した商品は代金が完済されるまでクレカ発行会社に所有権があることが基本的原則であり、クレカホルダーが「横領罪」や「詐欺罪」で検挙される可能性は十分に秘めているという回答が得られました。

 

また、免責不許可事由に該当するため自己破産が認められず、規約違反にもあたる為、クレカが利用停止+債務の一括請求を求められることも。

 

よくサイトやチラシでは合法なので心配がいらないというようなことが書かれており、「公安委員会認可を受けています」ですとか「景品表示法を遵守しています」などといわれていますが、認可は古物商としての認可が認められているだけであり、景品表示法に違反しないのも景品に現金が該当しないだけに過ぎません。

 

紛らわしい記述や悪質な広告に惑わされて、安易な気持ちで借り入れを行ってしまうと大変な目に遭ってしまいます。

 

クレカ現金化はあくまで一時凌ぎに過ぎず、結果として多くのお金を払う事になるという単純な内容を軽視し過ぎていると言われます。

 

それでもまだ利用者が後を絶たないのですが、今はまだ業者が逮捕されているだけで利用者が捕まることは無いという考えの方が多い為であり、実例がまだ0件というだけで、1度実例ができればあとは芋づる式となる可能性も持っているのです。

 

このようにクレカ現金化は還元率の良さと換金までの速さと引き換えにしたリスクも負っているのです。

 

他にも金策の手法は有りますから、幾ら困った場合でもこういった業者には手を出さないほうが賢明であると言えるでしょう。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を使用するものです。キャッシング枠もありますが、ショッピング枠のほうが多く設定されており、2倍近く差が出ることがあります。どちらも使っていない場合は、どう使い分けるべきなのでしょうか?

 

クレジットカード現金化は原則禁止です

カード現金化を推奨しているサイトやブログもありますが、基本は禁止されています。違法ではありませんので、利用者に刑罰がかかるわけではありません。しかし、消費者庁や警察も現金化をしないように啓蒙活動を行っています。今の時点ではグレーゾーンですが、カード会社は禁止事項であると、はっきりと明記しています。ですから、できれば、キャッシング枠から使用するようにしましょう。担保や保証人なしでお金を借りるのは控えめにしてください。

 

首が回らん!!どうしても、というときに使う

カード現金化をすると、もしカード会社に見つかってしまえば、利用停止措置が取られることがあります。また、一括返済を求められることがあります。こうして考えると、リスクの高い方法です。

 

クレジットカード現金化のリスクについて

 

ただ、ほとんどの事例では、見つかることはありません。ただ、カードを利用している中でカード会社が不審な買い物を検知すると、ショッピングサービスがストップすることがあります。ここでも、現金化業者の手慣れた処理により、現金化の事実がカード会社にはバレないようになっています。
バレない、という言い方はあまりいいものではありませんが、カード現金化の仕組みを利用してお金を借りようとしている人には大変助かる話です。

 

出来るだけ避けるべきモノを利用するメリット

キャッシング枠があるのに、あえてクレジットカード現金化を利用するメリットはあるのでしょうか?これには、お金を借りた形跡が残りにくいというメリットがあります。キャッシングの利用はマイナスではありませんが、あまり利用したくないという人もいます。実際にキャッシングの利用実績が多いと、別のローンの審査で借り入れ額が減額されることがあります。ただ、カードをショッピングで利用している場合は、ローンの審査に影響がありません。お金を借りていることにならないので、あえてカードの現金化を利用するケースがあるわけです。
普通にクレジットカードを使う人は、まず最初にキャッシング枠から利用するといいでしょう。

 

まとめ

クレジットカード現金化を知ると、キャッシング枠をどう利用すべきか迷います。しかし、意識的に使い分けることが大切です。通常はキャッシング枠を利用したほうがいいとは思いますが、借り入れの実績を残したくない場合は、あえてカード現金化を利用する方法を選択しましょう。

続きを読む≫ 2016/12/07 16:25:07 2016年12月

クレジットカード現金化を検討する方の中では、恐らくミニマリストの思想を持つ方はいないでしょう。

 

何に対して出費が滞っているのかは他人である私が突っついても意味が無い事では有りますが、社会人ともなれば金銭の管理が出来て当たり前、義務です。

 

そんな中で拗らせて悩んでいるのですから、これまでにしてきた事を振り返っても少なからず自分自身にその責任の一端はあるはずであり、それが収入が低い事を理由には出来ません。

 

社会という与えられている環境、フィールドは平等ですから、その人次第で未来は拓くモノであり、未来が待ってくれている事は有りません。

 

もし、クレジットカード現金化をしたとしても、発行会社から来る請求書に四苦八苦する事が目に見えませんか?そうならない為にも、キッカケは遅いも早いも有りません!気付いてからスタートであり、今すぐ取り組むべきことを今流行のミニマリスト達より盗み出しましょう!

  • モノを捨てる
  • どんなにきれいな状態であっても、売れるモノは売って、使っていないモノはゴミに出しましょう。

     

    モノに溢れる事で既にあるモノを二重に買ったり、買い溜めで使う出費を減らし、余計なモノに気を使わない生活を心掛けましょう。

     

  • 買わない生活をする
  • あれば良いな、で購入しない事です。

     

    人が時間を費やすモノに対して出費をする事が最も意義のある出費と言われておりますので、特にインターネットコンテンツという時間を消費するだけの娯楽や、流行の衣類は我慢してください。

     

  • 身の丈を大事にする
  • 収入が現在低くても高くてもイインデス。

     

    その中で毎月の支出が比例していればいいのですが、高収入でも出費が嵩むとマイナスになるように、高収入だからお金が有るとは限りませんが、各々の状況で一人間として生きるための必要最低限のモノを身の回りにあれば、あとは何も要らないですから。

 

あのビートたけしがミニマリストを"無駄こそが文化"と否定する意見を示したのですが、その無駄を出来るだけ無くすと日本の社会は改めて豊かであると感じます。

 

お金を欲しい、その根底にはそうした無駄を求めているからであり、求める事を辞めるとなると、まるでお坊さんにでもなるのかと勘違いされてしまいますが、そうでは無く、本当に必要なモノに対してお金を使うことを意識すると、意外にも出費は減って本当の意味での充実した生活を営む事が出来るという考え方がミニマリストです。

続きを読む≫ 2015/11/22 20:04:22 2015年11月

「クレカ持っているから、私は利用できるんでしょう」

 

ただ単純に所有しているということからすると、他人名義や偽造されたモノ、既に与信枠が無い状態で利用を試みている事も同じ属性にあると考える事が出来ます。

 

しかし、不正利用は犯罪としての要素だけでは無く、発行元が定める規約違反に結び付くこともありますのでご本人様が自らの意思で決済を選択する事、つまり健全な利用であれば何も問題の無い話ですが、クレカ現金化業者の店員さんに準備するモノについて尋ねたところ、ご本人様確認の一環で幾つか身分証明書などの提出の必要性について説明してくれました。

 

世間的なイメージが悪い金策ですが、事業者側としても考えられるリスクを想定しており何が何でも請け負う事は行っていないことが鮮明になってきました。

 

換金手段として様々な媒介物が利用されていますが、用意するものについての内容はほとんどが共通しているということも見えてきましたのでご紹介します。

  • クレカ
  • 他人の利用や偽造されたモノかどうか見極める為に、携帯の写真撮影機能を持ちいて送る事が必要なようで、ぼやけていたり変に全体が写っていなくて部分的に撮影されたモノを送っても、全体がはっきりと見えるように再送を強いられます。

     

  • 身分証明証
  • 申し込み内容とクレカの名義が合っていただけでは利用が出来ないようで、身分証明書の提示がその裏付けとなるようですが、ここでも偽造などの疑いをクリアする意味合いがあるそうです。

     

  • 振込先口座
  • クレカの名義人と一致しない場合には、例えば人の財布から抜き取って換金を試みれば可能になってしまいますよね?その為に、振込先名義人も一致が認められない場合にはいかなる理由でも利用を断るとのことです。

     

  • 顔写真
  • かれこれ送ったモノたちが、本当に他人に悪用されていないかを裏付ける最終確認として、顔写真付き身分証明書と一緒に写る形で求められることが多いようで、中には時計と一緒に撮影してほしいなど、どの業者も比較的キッチリと行っている印象です。

 

以上4つのポイントが当サイトの調べで分かったことなのですが、これは全て無店舗型に限った話になります。

 

実際に店員さんと顔を合わす対面式でも確認事項は大差無い事と思いますが、現金を手渡しで貰えるコトが多いので口座に関して用意が難しい方はそちらも選択肢に入れて置くと便利ではないでしょうか。

続きを読む≫ 2015/10/20 13:32:20 2015年10月

クレカのショッピング枠を現金化する業者の違法性について考えてみたいと思います。

 

通称「クレカ現金化サービス」と呼ばれており、審査不要、即日入金、高還元率を謳った貸金業を行っています。

 

まず貸金業を行っていることが問題となります。

 

貸金業としては消費者金融や事業者金融、クレカによるキャッシングなどがありますが、貸金業を行うには国または都道府県知事への登録が必要で、財務局からの認可を受けないといけません。

 

クレカ現金化サービスは実質金銭の貸付を行っている為、本来賃貸業法に違反すると同等の行為をしていますが、賃貸業法がショッピング枠を扱った貸金業態への罰則を定めていない為、厳密には法に触れていないグレーゾーンとなっています。

 

またクレカ現金化サービスを提供する業者の多くは、指定した商品を購入してもらったお礼としてキャッシュバックを支払うという「キャッシュバック方式」と言われる方法での貸付を行っており、これも景品表示法に触れる内容となっています。

 

景品表示法では、抽選やクイズなどで配られる一般懸賞の場合や複数の事業者が共同して行う懸賞である共同懸賞の場合、一般消費者に対して購入物に対して配られる総付景品の場合とそれぞれ細かく景品の限度額を明記しており、キャッシュバック方式の場合は総付景品に該当する為、景品の最高額は1000円未満であれば200円まで、1000円以上であれば取引価格の10分の2までと細かく定められています。

 

例えば還元率80%のクレカ現金化業者を利用する場合、キャッシュバックが10分の8となる為、大幅に景品の限度額を超えてしまっていることがわかります。

 

しかし携帯やスマートフォンの代理店でもキャッシュバックが問題になっているにも関わらず放置されているように、「現金」が景品の対象外である為、厳密に言うと法には触れていないことになるのですが、極めてグレーゾーンな行為であることが窺えると思います。

 

クレカ現金化サービスの方法として「買い取り方式」というものもありますが、これはクレカのショッピング枠を転売目的で利用することがクレカの利用規約に違反している為、利用者がカード会社から詐欺罪で訴えられる可能性もあります。

 

このようにクレカ現金化サービスは違法と断定はできないものの、法の合間を掻い潜った内容のサービスであり、場合によっては利用者も厳しい罰則を受けかねないものであると言えます。

続きを読む≫ 2015/09/18 15:31:18

クレカ現金化を利用する人にはこのような理由があります。

 

「サラ金や高利貸しからお金を借りたくない」
「フリーターなので安定した収入がない」
「銀行や消費者金融の審査が通らない」
「キャッシング枠がいっぱいでお金を借りる先がない」
「急に焼肉を食べたくなったけれど財布の残金が少ない」

 

このように、切羽詰った人から今たまたまお金がなかったという人まで様々な理由で利用されているようです。

 

メリットとしては次のようなものが挙げられます。

  • その場でスマートフォンをいじるだけで簡単に現金が手に入る
  • 審査はなく、本人確認ができてクレジットカードを持っていればいつでも利用できる
  • キャッシング枠がいっぱいでもショッピング枠を使った取引なので影響なく利用できる

一方、デメリットとしては次のようなものがあります。

  • 他の金融会社に比べて詐欺にあう可能性が高い
  • 現金は手に入ってその時はやり過ごせるが翌月以降支払い義務が生じる
  • 高還元率といっているが年利として置き換えると金利が高い
  • クレカ現金化はカード会社の規約に違反しているのでクレジットカードを止められる可能性がある

特徴をまとめると、利用者は即金が欲しい人が多く、即時にお金が得られる代わりに高い金利の支払いをしなくてはならず、場合によってはカードを停止される恐れのあるサービスとなります。

 

よくよく考えてみると、高利貸しからお金を借りたくないがクレカ現金化は利用するというのは、矛盾があります。

 

それはクレカ現金化の金利は年利に換算すると国が定めている20%までというルールを軽く越えた数値を叩き出す、高金利だからです。

 

フリーターで安定した収入がないからクレカ現金化をするというのも、翌月以降の生活を考えたらお金を返せる保証がないのでおかしな話なのですが、クレカ現金化には借金をするといった感覚が薄いという特徴もあります。

 

その為つい利用してその場をしのげればOKといった感覚になってしまうのでしょう。

 

このように金銭感覚が麻痺していく危険もあります。

 

銀行や消費者金融の審査が通らないという人にとっては最後の砦という形になるのでクレカ現金化の存在そのものが悪いということではなさそうです。

 

しかし、軽い気持ちで利用しているとそのうち返済能力を超えた借金を抱えることにもなりかねないので、ご利用はほどほどにしておいたほうが良さそうですね。

 

特に始めて利用するという人は悪徳業者からの詐欺に遭う可能性が高いので気をつけましょう。

続きを読む≫ 2015/09/18 15:17:18