裏ワザで現金ゲット!クレジットカード現金化とは?

クレジットカード現金化とは裏ワザの現金取得方法?

世の中には他者を出し抜く裏ワザがあると固く信じて疑わない人がいますよね。

 

特に、お金に関することでは人は躍起になって裏ワザを探そうとしますが、これは2つのパターンに分けることができ、1つは楽にお金を稼ぎたいがために何か裏ワザ的な儲け方を模索する場合であり、2つ目はどうにもこうにもお金に困っている人が何とか現金を用意する方法がないかという場合で、おそらく急を要する現金の入用のときは後者の場合が多いかと思います。

 

急を要する現金の入用に対応できる裏ワザを探してみても、なんとなく胡散臭いサービスばかりが目に付き、確実に現金が手に入るのか信憑性に欠けるようなサービスも多い中で、確実に現金がすぐ手に入る裏ワザ的な方法として、クレジットカード現金化という裏ワザがあります。

 

クレジットカード現金化とは、その名の通りクレジットカードを利用して現金を手に入れる金策です。

 

通常クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠があり、キャッシング枠を使えばクレジットカード会社からお金を借りるということで現金を引き出すことができます。

 

しかし、クレジットカードの審査を受けた人はわかると思いますが、キャッシング枠の審査に落ちたという人や、そもそもキャッシング枠がついていないショッピング枠のみのクレジットカードというものもあります。

 

また、キャッシング枠がついているクレジットカードを持っていたとしても、そのキャッシング枠を使い切っている状態では現金を引き出すことはできません。

 

では、クレジットカードのショッピング枠とは何なのか、このショッピング枠は買い物専用の枠であり、スーパーやコンビニ、百貨店などで買い物をするときに使える枠で、本来この枠を現金に換えることはできませんし、クレジットカード会社から禁止されています

 

しかし、このクレジットカードのショッピング枠を現金に換える裏ワザがあり、それがクレジットカード現金化です。

 

クレジットカードを持つ際はクレジットカード会社の審査に通る必要がありますが、キャッシング枠付きのクレジットカードとキャッシング枠が付かないクレジットカードでは審査の難易度が格段に違い、ショッピング枠のみのクレジットカードであれば圧倒的に審査に通りやすいという現状があります。

 

金融機関においてもそうですが、現金を借りるためには厳しい審査を乗り越えなければならず、比較的に容易なことではありません。

 

さらにいうのであれば、審査を受けるに当たっては職の有無や年収、在籍確認など社会的に信用があるのか根掘り葉掘り調べられ、借金をしようとしているということが周囲に晒されてしまいます。

 

しかし、ショッピング枠のみのクレジットカードを持つことは借金することに比べて比較的容易なことであり、クレジットカードを持つことと借金をすることを比べるのであれば、クレジットカードを持つことのほうが社会的にも白い目で見られることはありません。

 

そのクレジットカードは本来買い物にしか使えないとしても、クレジットカード現金化という裏ワザを使えば、周囲に借金をしていることがばれない借金をすることができる、まさに裏ワザ的現金取得方法なのです。

 

クレジットカード現金化には自分で行う方法と、業者を使う方法があります。

 

昔であれば、クレジットカード現金化は知る人ぞ知る裏ワザであり、新幹線の回数券などを自分で買って換金するという自分で行う方法が主流でしたが、現在は自分で行う方法は難しくなってきました。

 

自分で行う方法の問題を解消したのが、クレジットカード現金化業者です。

 

自分で行うクレジットカード現金化は、商品を買ったりそれを売りにいったりと、時間と手間が何かとかかります。

 

しかし、クレジットカード現金化業者を利用すれば、この時間と手間を省き、即日ですぐ現金が手に入る裏ワザを使うことができるのです。

 

また、自分で行う方法ではお金に換えやすい商品をクレジットカードで購入しなければならないために、クレジットカード会社から「こいつはクレジットカード現金化している買い物だな?」と目を付けられてしまうリスクがありましたが、業者を利用すればクレジットカード会社にクレジットカード現金化していることがばれないという裏ワザを使うことができます。

 

クレジットカード現金化という裏ワザは、さらに業者を使うという裏ワザでリスクも少なくできるのです。

 

ここで、クレジットカード現金化業者を使う場合、さらに裏ワザがあります。

 

それは、クレジットカード現金化業者を比較するという裏ワザで、業者を比較することで還元率を上げることや、リスクをさらに小さくできるというメリットがあるのです。

 

クレジットカード現金化業者を比較することは、もはや裏ワザというよりも鉄則と呼んだほうがいいかもしれませんが、ここではクレジットカード現金化業者の中でもさらに優良業者と認められる業者をご紹介いたします。

 

裏ワザ的クレジットカード現金化優良業者3社をご紹介!

 

ゴールドラッシュ

ゴールドラッシュはクレジットカード現金化業者の中でも換金率が高く、裏ワザ的にクレジットカード現金化を利用できる優良業者です。

 

クレジットカード現金化において換金率を高くするための裏ワザはゴールドラッシュを利用することといっても過言ではないくらいに、ゴールドラッシュの換金率は高いです。

 

ゴールドラッシュではなぜ換金率が高いのか、それは利用者に対するキャンペーンを行っているからといえるからであり、利用を続ければ続けるほど換金率がアップしていきます。

 

ゴールドラッシュが初めて、という人でもキャンペーンをしているので、他社ではまず出ない換金率が実現します。

現金化のらいふ

クレジットカード現金化業界で新たな旋風を巻き起こしている現金化のらいふですが、換金スピードは裏ワザを使ったかのように早いです。

 

「最短5分で〜」というクレジットカード現金化業者が多いですが、実際は入金までに2〜3時間かかった、という業者もいる中で、現金化のらいふであれば本当に最短5分で現金を手に入れることができます。

 

現金化のらいふが初めてという場合であっても、最短で30分で手続きできるということで、裏ワザ的なスピードのある金策が可能になるでしょう。

 

他社からの乗り換えにも積極的に取り組んでおり、乗り換えキャンペーンを行っているので、まずは気軽に電話してみるといいかもしれません。

ギフトクレジット

ギフトクレジットはクレジットカード現金化業界で知らない人はいないといっても過言ではないくらい、優良業者として長年営業を続けている業者です。

 

ギフトクレジットでは裏ワザなんかを使わなくても常に高い換金率が可能であり、利用者数の多さ、高いリピート率から、安心して利用できるクレジットカード現金化業者です。

 

利用者が多いということは多くのパターンのノウハウを持っているということであり、それ故に質の高いサービスを提供できるといったところでしょう。

 

老舗でありながら、他社との比較にこだわっておりホームページにも他社よりも1%でも高くという表記が見られることから、徹底した換金率合戦でも十二分に対応できるということでしょう。

 

 

 

夏場なのにエアコンが壊れたので買い変えたいと思っているが予算が足りない

恩師が亡くなり葬儀に行きたいが手持ちが少ない
ねずみ講に遭い突然の出費に今月乗り切るのがつらい
病気で倒れ入院を余儀なくされたが手術代を支払うあてがない

 

このような不意の出費で困った経験はありませんか?そんなときに便利で有り難いのがクレジットカード現金化です。

 

登録から借り入れ、実際にお金が振り込まれるまでのスピードが速いことが売りの商売ですが、どのお店も高換金率を保証するような印象を感じる内容のお店が大半を占めており、「うちは低いけどそれでも良ければ」という弱気なお店は存在しません。

 

まあ商売として運営しているなら当たり前では有りますが、しかしこの高換金率、即日振込といった謳い文句を簡単に信じ込んではいけません。

 

その事由として、過去にクレジットカード現金化業を営んでいた従業員の逮捕者数は1人や2人では無いという既成事実があり、その換金方法は一つ間違えれば違法な商売として断定されるコトが懸念されているからです。

 

新聞やテレビなどでご覧になったことのある方も多いのではないでしょうか。

 

利用者にもこの場合何らかの責任を被るのではないかと思いませんか?士業の方に相談を持ち掛けた経験が有りますが、クレジットカードで購入した商品は代金が完済されるまでクレジットカード発行会社に所有権があることが基本的原則であり、クレジットカードホルダーが「横領罪」や「詐欺罪」で検挙される可能性は十分に秘めているという回答が得られました。

 

また、免責不許可事由に該当するため自己破産が認められず、規約違反にもあたる為、クレジットカードが利用停止+債務の一括請求を求められることも。

 

よくサイトやチラシでは合法なので心配がいらないというようなことが書かれており、「公安委員会認可を受けています」ですとか「景品表示法を遵守しています」などといわれていますが、認可は古物商としての認可が認められているだけであり、景品表示法に違反しないのも景品に現金が該当しないだけに過ぎません。

 

紛らわしい記述や悪質な広告に惑わされて、安易な気持ちで借り入れを行ってしまうと大変な目に遭ってしまいます。

 

クレジットカード現金化はあくまで一時凌ぎに過ぎず、結果として多くのお金を払う事になるという単純な内容を軽視し過ぎていると言われます。

 

それでもまだ利用者が後を絶たないのですが、今はまだ業者が逮捕されているだけで利用者が捕まることは無いという考えの方が多い為であり、実例がまだ0件というだけで、1度実例ができればあとは芋づる式となる可能性も持っているのです。

 

このようにクレジットカード現金化は還元率の良さと換金までの速さと引き換えにしたリスクも負っているのです。

 

他にも金策の手法は有りますから、幾ら困った場合でもこういった業者には手を出さないほうが賢明であると言えるでしょう。

 

総量規制と呼ばれる改正貸金業法の施行から時は流れた

 

既に人々の記憶には法改正された事については覚えていらっしゃらない方が圧倒的な数を占めているでしょう。

 

専門家の間でも改正する事によって闇金が盛業するのではないか、また、借りる事に対しての制限額を年収の1/3にすると、これまで貸金業を利用して生活が成り立っていた人はどうする等、議論が交わされていました。

 

結局法改正が成され、既に5年以上の時を経過した今、これまでの大手消費者金融は金融機関の一業務として商号ごと傘下に入ったり、ダンスのCMでお馴染みだった武富士の様に破滅する業者も見受けられました。

 

しかし、有名でないとしても都道府県知事の認可を受けて営業している貸金業者は今現在でも数多く存在しており、その業者間において大手と認識されているのは積極的な広告展開によって成功したまでです。

 

大手も中小も守るべきは法の範囲内での営業な訳ですから、最近は特定期間は無利息という新規顧客の囲い込みに走っている様子ですが、そのような事が出来るのは財力の後ろ盾の大きさを感じさせます。

 

ショッピング枠現金化は当然、特定団体に加盟していなければ行政が監督する許可などは無く、所定の審査が無く工面する事ができ、さらに実際に現金を受け取るまでのサイクルが高速である事が需要を満たしているようです。

 

便利であるとしながらも、不安要素が背景にある事がマイナスイメージを生み出している要因ですが、当然これを商売としているショッピング枠現金化業者も理解をしているはずです。

 

実際にこの業で起業する事はリスクと引き換えに高額な利益を・・・と思われがちですが、利用者に対して現金を振り込むのですから、お客が納得しない内容では契約する事が出来ませんから一円たりとも売り上げになりません。

 

つまり、納得いく金額で換金が成されていると考える方が現実的で、振り込んだ金額の上に諸経費が嵩むと考えますと利益率は決して高くない商売なのかもしれませんね。

 

さらに、競合他社の参入や撤退を繰り返している様子が見られますが、総じて比較検討者をいかに取り込むか企業努力が垣間見え、接客対応、女性店員、タイトルにもある即日振込の徹底はもはや業界スタンダートとなっています。

 

即日振込は優良なショッピング枠現金化業者では当然の事であり、もちろんこれを達成できない業者が全て悪徳だという事ではありませんが、利用者の心情を汲み取る対応こそ価値のある換金に繋がります。

昔であれば裏ワザであったクレジットカード現金化という金策も、現在では誰でも利用できるくらい当たり前になり、気軽な気持ちでクレジットカード現金化に手を出す方もいるかもしれませんが、この金策にはリスクがあります。

 

そのひとつが自己破産についてですが、ここではクレジットカード現金化と自己破産の関係についてお話ししていきたいと思います。

 

クレジットカード現金化のせいで自己破産ができなくなる?

 

クレジットカード現金化をしている方、これから利用しようとしている方は、お金に困っている状況にあるかと思いますが、人によっては、借金が膨れ上がってにっちもさっちもいかないという状況になっているかもれません。

 

そうなると、もはやクレジットカード現金化では間に合わず、結果的に自己破産をすることになる可能性もあります。

 

自己破産をするだけでは債務がなくなるワケではありませんので、債務から免れるためには裁判所から免責許可が必要になります。

 

しかしながら、自己破産をして免責許可を受けるにあたって、クレジットカード現金化を利用している状況であれば、その利用が影響を及ぼしてくる可能性があります。

 

というのも、自己破産での免責許可はどのような借金・債務に対しても平等に適用されるものではなく、ギャンブルや浪費などでできた借金はNGであり、それと同じように換金目的で利用した分の債務もNGではありますので、これに引っかかると、せっかくの免責許可も下りなくなってしまう可能性があります。

 

リスクはあるものの絶対にできないわけではない

 

クレジットカード現金化によって自己破産での免責許可が絶対に下りなくなるというわけではなく、あくまでも可能性があるということにはなります。

 

というのも、免責許可では裁判所が絡んでくるのですが、裁判所がチェックできるのはクレジットカードの利用履歴くらいであり、クレジットカード現金化のために商品を買ったというところまでは確認できません。

 

もし、クレジットカード現金化を業者で利用すれば、より安心に利用することができ、リスクも低くなります。

 

逆に、クレジットカード現金化を、業者を介さずに自分ひとりで行っていると、クレジットカード現金化がバレる可能性も高まってきます。

 

「換金目的ではない」ということを主張すればどうにかなるでしょうが、万が一のときのことを考えればやはり業者を介してクレジットカード現金化を行っておくと安心かもしれません。

続きを読む≫ 2017/05/25 17:35:25 2017年5月

昔においてはクレジットカード現金化は裏ワザ的な金策であったものの、最近ではその存在がよく知られるようになったため、その取り締まりも強化されるようになりました。

 

実際に、クレジットカード現金化がクレジットカード会社にバレて利用停止の措置を取られてしまったという方もいますが、しかしながら、なぜクレジットカード現金化がバレてしまうのでしょうか。

 

クレジットカード会社は換金性の高い商品をリストアップしている

 

クレジットカード現金化はなぜバレてしまうのでしょうか。

 

今の時代、クレジットカードを使っている方というのはそれこそ山ほどいます。

 

ひとりひとりをチェックするなんてことは不可能ですが、しかしながら、だからといってクレジットカード会社も黙って見過ごすわけにはいきませんので、クレジットカード会社はクレジットカード会社で、しっかりと対策をおこなっているのです。

 

それが換金性の高い商品のリストアップですが、というのもクレジットカード現金化においては、換金性の高い商品を購入することになります。

 

少しでもたくさんのお金を現金化したいのであれば、換金性の高い商品を購入しなければいけません。

 

クレジットカード会社はクレジットカード現金化でよく購入される換金性の高い商品というものをリストアップし、それに照らし合わせて怪しい人物をピックアップしており、換金性の高い商品ばかり購入している方は目をつけられていますし、いつ利用停止になってもおかしくないのです。

 

クレジットカード現金化がバレないようにするには?

 

換金性の高い商品をリストアップして、それをもとに照合しているというとプライバシーの侵害を主張する方もいるかもしれません。

 

しかしながら、クレジットカード会社としては当たり前のことであり、というのも、クレジットカード会社のほうはそもそもクレジットカード現金化を認めていません。

 

会員規約の中には、クレジットカード現金化を禁止することが書かれており、つまり、利用者としてはクレジットカード現金化はしませんという前提でクレジットカードを作っているのです。

 

言ってしまえば、約束を破っているのはクレジットカード現金化をしている利用者のほうなのですからそういったことを忘れないようにしておきましょう。

 

その上で利用していることがバレないようにするためには、業者を利用することがセオリーにはなりますので、業者を利用する場合は比較検討も含め考慮してみましょう。

続きを読む≫ 2017/05/15 15:16:15 2017年5月

Amazonという通販サイトの需要があるからこそ、Amazon 内で利用できるAmazonギフト券の需要も必然的に高まってくるものです。
しかしながら、どのようにしてAmazonギフト券でクレジットカード現金化をするのでしょうか。ここでは、Amazonギフト券でクレジットカード現金化をする方法についてご紹介していきましょう。

 

クレジットカード現金化のAmazonギフト券買取業者を使う

 

AmazonのサイトからクレジットカードでAmazonギフト券を購入した後、Amazonギフト券買取業者に買い取ってもらうというのもひとつの方法です。
Amazonギフト券は需要の高い商品ですから、積極的に買い取りしているクレジットカード現金化業者は多いですが、ただ、悪徳業者には引っかからないようにしましょう。優良業者であれば80%以上の還元率も可能となっています。
中には業者と聞いたときに金券ショップなどを思い浮かべた方もいるのではないでしょうか。
しかしながら、金券ショップなどはAmazonギフト券の買い取りをしていないところもありますし、近所にある金券ショップに行ったら取り扱っていなくて時間の無駄だった・・・なんてこともあるかもしれませんので、最初からAmazonギフト券の買い取りをおこなっているAmazonギフト券買取業者をネットから見つけて置くことです。
店舗に出向かずともメールのやり取りのみで済むところも少なくありません。

 

クレジットカード現金化業者を使わずにオークションで売る

 

Amazonギフト券はオークションでも売れます。
実際に、使わないAmazonギフト券をオークションに出品している方は多いですし、落札率もかなりのものです。
しかしながら、オークションの場合には落札者とトラブルになる可能性もあります。
落札者のほうから「落札したAmazonギフト券が使えないんだけど」と言われれば、ほぼ確実にトラブルになるでしょう。
問題なくオークションでの取引が終了しても、落札にあたっての手数料、出品にあたっての手数料などを考えれば、落札金額がまるっと現金化されるわけではありません。
それに加え、Amazonギフト券の場合、そのギフト券の持っている価値以上の金額で売れることというのはほとんどありません。
500円のギフト券であれば最高でも500円、1000円のギフト券であれば最高でも1000円です。最初から手数料分を上乗せして出品しても今度は高すぎて売れないということも出てくるのです。
オークションに出品するのも悪くはないのですが、リスクを考えると業者に買い取りしてもらったほうがいいかもしれません。

続きを読む≫ 2017/03/29 16:38:29 2017年3月

現金が手元にないと不安だ、という感覚は少なからずも、誰しもが持っている感覚なのではないでしょうか。

 

現代においては現金の代わりにクレジットカードで支払いをすることができるといっても、現金で支払いをすることにある種のこだわりがあるような人も見受けられます。
現金が手元にない、そんなときにクレジットカードをもっていればクレジットカード現金化が利用できます。

 

クレジットカード現金化を利用することを考えたことがある人は、どんなときに利用しようと思いましたか?多くの人は何かしらに現金が必要になったときと答えるでしょう。

 

では、クレジットカード現金化をいつ利用すべきか、ということはあるのでしょうか。

 

理想を言うならばクレジットカード現金化は利用するべきではありません。クレジットカード会社との利用規約には違反しますし、なおかつ手数料を利息に直すととんでもない数字になってしまいます。

 

それでも利用しなくてはならない事情がある、世の中にはそういうこともあるのは重々承知しております。
しかし、ことによっては、よくよく考えるとクレジットカード現金化をする必要がないこともあります。

 

例えば、会社を辞めてしまって、つなぎの生活費で現金が必要になったというケースがあったとします。
この生活費の内約を考えると、もしかしたらクレジットカード現金化が必要でないかもしれません。

 

ここで、大体生活費に最低限かかるものとして考えられるのが、

食費
電気・ガス・水道・ネット・携帯電話などの公共料金
家賃

となるかと思います。

 

内約を見ると、食費や公共料金はクレジットカードで支払いができるものです。つまり、この2つの項目についてはわざわざクレジットカード現金化する必要がないのです。

 

家賃に関しても、借家であれば大家に交渉を行い、支払いを一月ほど待ってもらうことも考えることができます。人の心情的に言っても一月滞納しただけで追い出すことはしないでしょう。

 

人に迷惑をかけまいとクレジットカード現金化をして現金をつくろうとするのは立派かもしれませんが、クレジットカード現金化をするのは金策でも最後の手段です。つまり、クレジットカード現金化をいつ利用すべきか、それは最低限の生活を脱出する上で、どうしても現金が必要になった際です。

 

それ以外の目的でクレジットカード現金化をしようというのははっきりいってナンセンスであり、現金が欲しいなら今以上働くことを心掛けたほうがいいでしょう。

続きを読む≫ 2017/03/20 18:39:20 2017年3月

まず最初に、未成年は借金することができません。学生であれば学生ローンという学生専用のローンを提供している消費者金融がありますが、これも親の承諾がないと未成年は利用することができません。

 

未成年でも現金が必要になる場面があるということは十分あり得ます。高校を卒業し、そのまま働くことになれば立派な社会人です。社会人になるということは、学生のように身だしなみが適当ではいけませんし、きちんとしようと思ったらそれなりにしっかりとお金をかけなくてはいけないことも理解できます。

 

しかしながら、現金が必要であっても借金はできません。そもそも消費者金融、銀行が貸してくれないのです。

 

そんなとき、どうにかして現金を手に入れる手段を考えると思います。その中にクレジットカード現金化が一つの手段として紹介されているのを見た人は、クレジットカード現金化は未成年でも利用できると勘違いしてしまうかもしれません。

 

残念ながら、未成年の人はクレジットカード現金化を利用することができません。これはほぼすべてのクレジットカード現金化業者で同じ対応をとっています。

 

業者の比較サイトなどを覘くと、「クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠があれば誰でも利用できる」という紹介がなされているとは思いますが、正しくは「クレジットカードのショッピング枠がある成年以上の人であれば」となります。

 

なぜ業者は未成年の利用を断るのでしょうか。それは未成年の利用は何かしら問題が起こるリスクが高いからであるといえます。

 

クレジットカードを持つことができるのは高校生を除く18歳以上です。社会に出て間もない未成年にとって、クレジットカードの利用はもちろん初心者ということになると思います。

 

クレジットカードのショッピング枠を使うということは、クレジットカードの支払いが発生するということです。未成年の場合、この支払いで問題が起こることが多いと考えられます。

 

しっかり働いていたとしても、社会に出たばかりの未成年は金銭感覚が十分に備わっているとは言い難いです。クレジットカードを普通の買い物で利用する上でも何かしらのトラブルが起きやすいといえるのに、クレジットカード現金化でトラブルになることは目に見えています。

 

このため、業者は未成年の利用を断っているのです。

 

未成年はクレジットカード現金化を考えるべきではありません。むしろ、このサービスを一生利用することがないようにできれば一番いいことだと考えるべきでしょう。

続きを読む≫ 2017/02/27 15:12:27 2017年2月