2015年11月

クレジットカード現金化を検討する方の中では、恐らくミニマリストの思想を持つ方はいないでしょう。

 

何に対して出費が滞っているのかは他人である私が突っついても意味が無い事では有りますが、社会人ともなれば金銭の管理が出来て当たり前、義務です。

 

そんな中で拗らせて悩んでいるのですから、これまでにしてきた事を振り返っても少なからず自分自身にその責任の一端はあるはずであり、それが収入が低い事を理由には出来ません。

 

社会という与えられている環境、フィールドは平等ですから、その人次第で未来は拓くモノであり、未来が待ってくれている事は有りません。

 

もし、クレジットカード現金化をしたとしても、発行会社から来る請求書に四苦八苦する事が目に見えませんか?そうならない為にも、キッカケは遅いも早いも有りません!気付いてからスタートであり、今すぐ取り組むべきことを今流行のミニマリスト達より盗み出しましょう!

  • モノを捨てる
  • どんなにきれいな状態であっても、売れるモノは売って、使っていないモノはゴミに出しましょう。

     

    モノに溢れる事で既にあるモノを二重に買ったり、買い溜めで使う出費を減らし、余計なモノに気を使わない生活を心掛けましょう。

     

  • 買わない生活をする
  • あれば良いな、で購入しない事です。

     

    人が時間を費やすモノに対して出費をする事が最も意義のある出費と言われておりますので、特にインターネットコンテンツという時間を消費するだけの娯楽や、流行の衣類は我慢してください。

     

  • 身の丈を大事にする
  • 収入が現在低くても高くてもイインデス。

     

    その中で毎月の支出が比例していればいいのですが、高収入でも出費が嵩むとマイナスになるように、高収入だからお金が有るとは限りませんが、各々の状況で一人間として生きるための必要最低限のモノを身の回りにあれば、あとは何も要らないですから。

 

あのビートたけしがミニマリストを"無駄こそが文化"と否定する意見を示したのですが、その無駄を出来るだけ無くすと日本の社会は改めて豊かであると感じます。

 

お金を欲しい、その根底にはそうした無駄を求めているからであり、求める事を辞めるとなると、まるでお坊さんにでもなるのかと勘違いされてしまいますが、そうでは無く、本当に必要なモノに対してお金を使うことを意識すると、意外にも出費は減って本当の意味での充実した生活を営む事が出来るという考え方がミニマリストです。

続きを読む≫ 2015/11/22 20:04:22