社会人であっても未成年はクレジットカード現金化できません

社会人であっても未成年はクレジットカード現金化できません

まず最初に、未成年は借金することができません。学生であれば学生ローンという学生専用のローンを提供している消費者金融がありますが、これも親の承諾がないと未成年は利用することができません。

 

未成年でも現金が必要になる場面があるということは十分あり得ます。高校を卒業し、そのまま働くことになれば立派な社会人です。社会人になるということは、学生のように身だしなみが適当ではいけませんし、きちんとしようと思ったらそれなりにしっかりとお金をかけなくてはいけないことも理解できます。

 

しかしながら、現金が必要であっても借金はできません。そもそも消費者金融、銀行が貸してくれないのです。

 

そんなとき、どうにかして現金を手に入れる手段を考えると思います。その中にクレジットカード現金化が一つの手段として紹介されているのを見た人は、クレジットカード現金化は未成年でも利用できると勘違いしてしまうかもしれません。

 

残念ながら、未成年の人はクレジットカード現金化を利用することができません。これはほぼすべてのクレジットカード現金化業者で同じ対応をとっています。

 

業者の比較サイトなどを覘くと、「クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠があれば誰でも利用できる」という紹介がなされているとは思いますが、正しくは「クレジットカードのショッピング枠がある成年以上の人であれば」となります。

 

なぜ業者は未成年の利用を断るのでしょうか。それは未成年の利用は何かしら問題が起こるリスクが高いからであるといえます。

 

クレジットカードを持つことができるのは高校生を除く18歳以上です。社会に出て間もない未成年にとって、クレジットカードの利用はもちろん初心者ということになると思います。

 

クレジットカードのショッピング枠を使うということは、クレジットカードの支払いが発生するということです。未成年の場合、この支払いで問題が起こることが多いと考えられます。

 

しっかり働いていたとしても、社会に出たばかりの未成年は金銭感覚が十分に備わっているとは言い難いです。クレジットカードを普通の買い物で利用する上でも何かしらのトラブルが起きやすいといえるのに、クレジットカード現金化でトラブルになることは目に見えています。

 

このため、業者は未成年の利用を断っているのです。

 

未成年はクレジットカード現金化を考えるべきではありません。むしろ、このサービスを一生利用することがないようにできれば一番いいことだと考えるべきでしょう。

関連ページ

クレジットカード現金化利用分をリボ払いしていませんか?
クレジットカード現金化を利用した際の支払いはクレジットカード会社に行いますが、そのときにリボ払いで支払いをしていませんか?リボ払いをすると、損してしまうかもしれませんよ。