クレジットカード現金化をいつ利用すべきか

クレジットカード現金化をいつ利用すべきか

現金が手元にないと不安だ、という感覚は少なからずも、誰しもが持っている感覚なのではないでしょうか。

 

現代においては現金の代わりにクレジットカードで支払いをすることができるといっても、現金で支払いをすることにある種のこだわりがあるような人も見受けられます。
現金が手元にない、そんなときにクレジットカードをもっていればクレジットカード現金化が利用できます。

 

クレジットカード現金化を利用することを考えたことがある人は、どんなときに利用しようと思いましたか?多くの人は何かしらに現金が必要になったときと答えるでしょう。

 

では、クレジットカード現金化をいつ利用すべきか、ということはあるのでしょうか。

 

理想を言うならばクレジットカード現金化は利用するべきではありません。クレジットカード会社との利用規約には違反しますし、なおかつ手数料を利息に直すととんでもない数字になってしまいます。

 

それでも利用しなくてはならない事情がある、世の中にはそういうこともあるのは重々承知しております。
しかし、ことによっては、よくよく考えるとクレジットカード現金化をする必要がないこともあります。

 

例えば、会社を辞めてしまって、つなぎの生活費で現金が必要になったというケースがあったとします。
この生活費の内約を考えると、もしかしたらクレジットカード現金化が必要でないかもしれません。

 

ここで、大体生活費に最低限かかるものとして考えられるのが、

食費
電気・ガス・水道・ネット・携帯電話などの公共料金
家賃

となるかと思います。

 

内約を見ると、食費や公共料金はクレジットカードで支払いができるものです。つまり、この2つの項目についてはわざわざクレジットカード現金化する必要がないのです。

 

家賃に関しても、借家であれば大家に交渉を行い、支払いを一月ほど待ってもらうことも考えることができます。人の心情的に言っても一月滞納しただけで追い出すことはしないでしょう。

 

人に迷惑をかけまいとクレジットカード現金化をして現金をつくろうとするのは立派かもしれませんが、クレジットカード現金化をするのは金策でも最後の手段です。つまり、クレジットカード現金化をいつ利用すべきか、それは最低限の生活を脱出する上で、どうしても現金が必要になった際です。

 

それ以外の目的でクレジットカード現金化をしようというのははっきりいってナンセンスであり、現金が欲しいなら今以上働くことを心掛けたほうがいいでしょう。

関連ページ

クレジットカード現金化をAmazonギフト券で行う方法
クレジットカード現金化はAmazonギフト券の売買で行うことも可能です。Amazonギフト券はAmazon内でクレジットカードでの支払いが可能であり、またその換金性の高さも注目されています。