クレジットカード現金化のせいで自己破産ができない?

クレジットカード現金化のせいで自己破産ができない?

昔であれば裏ワザであったクレジットカード現金化という金策も、現在では誰でも利用できるくらい当たり前になり、気軽な気持ちでクレジットカード現金化に手を出す方もいるかもしれませんが、この金策にはリスクがあります。

 

そのひとつが自己破産についてですが、ここではクレジットカード現金化と自己破産の関係についてお話ししていきたいと思います。

 

クレジットカード現金化のせいで自己破産ができなくなる?

 

クレジットカード現金化をしている方、これから利用しようとしている方は、お金に困っている状況にあるかと思いますが、人によっては、借金が膨れ上がってにっちもさっちもいかないという状況になっているかもれません。

 

そうなると、もはやクレジットカード現金化では間に合わず、結果的に自己破産をすることになる可能性もあります。

 

自己破産をするだけでは債務がなくなるワケではありませんので、債務から免れるためには裁判所から免責許可が必要になります。

 

しかしながら、自己破産をして免責許可を受けるにあたって、クレジットカード現金化を利用している状況であれば、その利用が影響を及ぼしてくる可能性があります。

 

というのも、自己破産での免責許可はどのような借金・債務に対しても平等に適用されるものではなく、ギャンブルや浪費などでできた借金はNGであり、それと同じように換金目的で利用した分の債務もNGではありますので、これに引っかかると、せっかくの免責許可も下りなくなってしまう可能性があります。

 

リスクはあるものの絶対にできないわけではない

 

クレジットカード現金化によって自己破産での免責許可が絶対に下りなくなるというわけではなく、あくまでも可能性があるということにはなります。

 

というのも、免責許可では裁判所が絡んでくるのですが、裁判所がチェックできるのはクレジットカードの利用履歴くらいであり、クレジットカード現金化のために商品を買ったというところまでは確認できません。

 

もし、クレジットカード現金化を業者で利用すれば、より安心に利用することができ、リスクも低くなります。

 

逆に、クレジットカード現金化を、業者を介さずに自分ひとりで行っていると、クレジットカード現金化がバレる可能性も高まってきます。

 

「換金目的ではない」ということを主張すればどうにかなるでしょうが、万が一のときのことを考えればやはり業者を介してクレジットカード現金化を行っておくと安心かもしれません。

関連ページ

クレジットカード現金化はバレる?
クレジットカード現金化が発行元にバレてしまうと利用停止という処分が下されてしまいますが、バレないようにするためにはどのようなことに気を付けるべきなのでしょうか?