クレジットカード現金化の違法性を考えてみませんか?

クレジットカード現金化の違法性について考えたことはありますか?

クレジットカードのショッピング枠を現金化する業者の違法性について考えてみたいと思います。

 

通称「クレジットカード現金化サービス」と呼ばれており、審査不要、即日入金、高還元率を謳った貸金業を行っています。

 

まず貸金業を行っていることが問題となります。

 

貸金業としては消費者金融や事業者金融、クレジットカードによるキャッシングなどがありますが、貸金業を行うには国または都道府県知事への登録が必要で、財務局からの認可を受けないといけません。

 

クレジットカード現金化サービスは実質金銭の貸付を行っている為、本来賃貸業法に違反すると同等の行為をしていますが、賃貸業法がショッピング枠を扱った貸金業態への罰則を定めていない為、厳密には法に触れていないグレーゾーンとなっています。

 

またクレジットカード現金化サービスを提供する業者の多くは、指定した商品を購入してもらったお礼としてキャッシュバックを支払うという「キャッシュバック方式」と言われる方法での貸付を行っており、これも景品表示法に触れる内容となっています。

 

景品表示法では、抽選やクイズなどで配られる一般懸賞の場合や複数の事業者が共同して行う懸賞である共同懸賞の場合、一般消費者に対して購入物に対して配られる総付景品の場合とそれぞれ細かく景品の限度額を明記しており、キャッシュバック方式の場合は総付景品に該当する為、景品の最高額は1000円未満であれば200円まで、1000円以上であれば取引価格の10分の2までと細かく定められています。

 

例えば還元率80%のクレジットカード現金化業者を利用する場合、キャッシュバックが10分の8となる為、大幅に景品の限度額を超えてしまっていることがわかります。

 

しかし携帯やスマートフォンの代理店でもキャッシュバックが問題になっているにも関わらず放置されているように、「現金」が景品の対象外である為、厳密に言うと法には触れていないことになるのですが、極めてグレーゾーンな行為であることが窺えると思います。

 

クレジットカード現金化サービスの方法として「買い取り方式」というものもありますが、これはクレジットカードのショッピング枠を転売目的で利用することがクレジットカードの利用規約に違反している為、利用者がカード会社から詐欺罪で訴えられる可能性もあります。

 

このようにクレジットカード現金化サービスは違法と断定はできないものの、法の合間を掻い潜った内容のサービスであり、場合によっては利用者も厳しい罰則を受けかねないものであると言えます。