クレジットカード現金化は質屋と同じとは思わないでください

クレジットカード現金化は質屋と同じとは思わないでください

キャッシュバック方式と買い取り屋方式はどちらもクレジットカード現金化業者のサービスです。

 

キャッシュバック方式は、業者から指定されたものを購入することで、商品に付属されるキャッシュバックサービスよって代金が支払われ、一方で買い取り屋方式は業者から指定されたものを購入した後にその商品を業者に買取ってもらうことで現金が得られるものです。

 

ただし、この呼び方はあくまでも方式の違いであって、どちらもショッピング枠の利用可能枠内での換金を目的としたものです。

 

元々はインターネットの無かった時代に、質屋などで商品を購入してそれを換金するという方法から始まったものですが、わざわざ業者のところまで出向き、商品の売却を行ってから換金できるまでの時間がかかることがネックとなっていたようです。

 

そもそも質屋とはどのようなところなのでしょう?商品の買い取りを行う業者は「古物許可証」が無ければ古物業を行えませんからね。

 

質屋は古物の取り扱いを行う業者なのでこの免許が必要となりますが、商品としては、美術品・衣類・宝飾品類・自転車・カメラ・カバン類・書籍・金券類など分類は多岐に亘ります。

 

現在では質屋という名称だけでなく、リサイクルショップ・リユースショップ・金券ショップなど媒介物に専門性を持たせた形式で運営されている事が多く、総合的に取扱いを行うお店は多くありません。

 

質屋の特色としては質に出す「物品の価値次第」で融資の額が決まるというところにあります。

 

逆に言えば質に出す物品さえあれば消費者金融に目を付けられている人でも融資が受けられるので、質屋で行う取引は各信用情報機関への照会による審査もいらず、履歴も残らない為、比較的簡単に現金を手にすることができます。

 

また、クレジットカード現金化についても同じで無審査で用立てする事は事実上可能ですが、クレジットカード現金化と質屋との違いとして、クレジットカード現金化業者は質屋の性質を受け継ぎつつも質屋としての機能はなく、ネット上での商品の転売に特化していることが特徴です。

 

その為、窓口がインターネット上にしかない業者も多く、偽物のブランド品を掴まさる、高額な手数料を請求される、商品を購入したものの連絡が付かずキャンセルできない、支払われるはずのキャッシュバックが支払われないなどの詐欺に遭ったというトラブルが後を絶ちません。

 

そしてクレジットカード現金化自体も国が法律的に許可を行っているわけでは無いのでトラブルに発展した場合、発行元や代行会社に訴えても規約違反ということでカードを止められてしまい、事態は悪化し結局は泣き寝入りすることになってしまいます。

 

一見質屋を利用するのと同じ感覚で利用してしまいがちですが、実態として質屋とは全く違うサービスであることを理解しなくてはなりません。