クレジットカード現金化は衰退中の資金調達方法です

クレジットカード現金化は既に終わっている資金調達方法です

クレジットカード現金化は公安委員会や関連団体の注意喚起や、そもそもグレー商法としての認知が有る為にテレビなどのマスメディアを利用した広告・宣伝展開に限りがある隙間産業です。

 

このサービスが目に入るキッカケの多くは、キーワード検索はもちろんですがアングラ系の掲示板サイトや迷惑メールや迷惑FAX、新聞の広告欄などなど・・・まあ真っ当な印象を受けないところしか宣伝するスペースは無くなってきているのです。

 

これは社会的に非常に良い傾向であり、仲介する業者が挙げる利益とは中抜きによって得られるものであり、まさしく虚業。

 

クレジットカード業を営む会社の全てが定めている利用規約に違反する事を前提にした取引となっており、報酬目的の比較サイトはこの規約違反を認知した上で法律に違法しないから大丈夫、というワケの分からないことを謳い、特定業者の宣伝を行っています。

 

それもご自身で言わなければ問題無し、大丈夫とも言います。

 

比較サイトの運営者がクレジットカード現金化業を比較検討者と直接取引をする事無く、第三者の立場で傍観できる立場にあるからであり、言い方は悪いですが無責任なのです。

 

特にインデックス数、つまりサービスに対する情報発信量が乏しい比較サイトは数多く存在し、そのようなサイトに対してSEO対策なる外部リンクを張りつけ検索順位の上位表示をしているサイトもいくつか確認する事が出来ます。

 

本当に消費者心理を馬鹿にしていると思いませんでしょうか?広告は人に認知してもらうための戦略であり、こうした仕組みが無ければ人はサービスを知る機会が損なわれますので、広告そのものを否定するということでは有りませんが、これだけグレーで反社とも言われる内容を一方的に「良い事しかない」と受け取れるような内容を発信するサイトの見極めを、お金に困っている人に対して、冷静に判断できる状況で無い人に強いられている状況なのです。

 

有名人を多用し、リズムの良い音楽やフレーズを使っていかに耳に残るようなテレビCMを展開している消費者金融も、団体の自主規制と題しやんわりとした内容となっておりますが、小さい子供も見る訳です。

 

当然、こんな業務内容を小さいうちから知るキッカケがテレビになっているのです。

 

総じて金策に関わるサービスや取引のイメージは良いモノでは有りません。

 

総量規制施行後の年月経過により、債務を抱える人は減少している時代となりました。

 

クレジットカード現金化、特にこれを専業とする業者が無くなる日もそう遠くは無いと確信しています。