クレジットカード現金化した後は節制を頑張りましょう

クレジットカード現金化した後は節制を頑張りましょう

かく言う私も、クレジットカード現金化の一利用者で御座いました。

 

私が申込みを決意したキッカケはズバリ、パチンコで御座います・・・。

 

若かりし頃の話になりますが、やはり働き出して日が浅い為に1Rのアパートに暮らし、週一回の休みで12時間以上働いて過ごす毎日を送る中、週に一度の休みは自分がしたいことを思う存分したいと身勝手な考えでお金を浪費するようになりました。

 

学生のお小遣いとは違い、いくら安月給とは言えまとまった金額を手にすれば自然と顔がほころぶのは誰だって同じです。

 

しかも当時手渡しでしたからね。

 

ATMへ行くのも億劫だった私は、財布だけはいつもパンパンにして持ち歩いており、なぜか気が大きくなってしまった私は一山当ててやろうと繁華街の一角にあるパチンコ屋に人生で初めて足を踏み入れました。

 

ビギナーズラックと言うのでしょうか?MAX機に2台座って全部5000円程度で初当たりを引き、大勝ちしてしまったコトがハマるキッカケに。

 

・・・そこからは負け街道まっしぐら。

 

とうとう家賃にも手を出すようになった私は、家賃の支払いが滞ります。

 

しょっちゅう管理会社から着信が入るようになり、これはマズイと思った挙句、就職して年月日が経っていない状況で両親に心配かけたくないという思いで、消費者金融では無く、審査や在籍確認の無いクレジットカード現金化を選択しました。

 

まあ勉強代だと思っていました。

 

実際にその後の生活も苦しかったですが、私が意図的に取り組んだことを幾つかご紹介したいと思います。

  • 飲料水は買わずにティーパック等で作る
  • 自動販売機は利用しない
  • 外食はしない、最低弁当屋さんの利用で留める
  • 休日は食事を摂らない
  • 思い切って風呂無し共同トイレの物件に引っ越す

これ、全部クレジットカード現金化を利用した私の実体験です。

 

比較サイトに口コミや同様の体験談が掲載している事はしょっちゅうですが、いまいちリアリティに欠けませんか?繰り返し、大切な事なので言いますがリアルな取り組みを書いています(笑)。

 

書き出してみますとかなり貧しい環境という印象を受けますが、至って本人は前向きに取り組みました。

  • 自宅で飲み物を作るからゴミが貯まらない
  • 自動販売機が目につかなくなる
  • 弁当屋さんで選べる楽しみを感じるようになる
  • 休日だけでも食事を抜くと痩せる
  • 風呂は無くても銭湯は足を伸ばして入浴できる

人は置かれた環境に順応しながら生きていけるはずであり、こうした経験は今でも忘れておらず取捨選択の理性がしっかり判断できるようになりました。

 

今では風呂付トイレも付いた物件に住んでおりますが、また当時の生活に戻って貯金に励んでも良いのかななんて考える事もあります。