クレジットカード現金化に申し込みをする理由とは

なぜ、クレジットカード現金化なんですか?その理由を調べる

クレジットカード現金化を利用する人にはこのような理由があります。

 

「サラ金や高利貸しからお金を借りたくない」
「フリーターなので安定した収入がない」
「銀行や消費者金融の審査が通らない」
「キャッシング枠がいっぱいでお金を借りる先がない」
「急に焼肉を食べたくなったけれど財布の残金が少ない」

 

このように、切羽詰った人から今たまたまお金がなかったという人まで様々な理由で利用されているようです。

 

メリットとしては次のようなものが挙げられます。

  • その場でスマートフォンをいじるだけで簡単に現金が手に入る
  • 審査はなく、本人確認ができてクレジットカードを持っていればいつでも利用できる
  • キャッシング枠がいっぱいでもショッピング枠を使った取引なので影響なく利用できる

一方、デメリットとしては次のようなものがあります。

  • 他の金融会社に比べて詐欺にあう可能性が高い
  • 現金は手に入ってその時はやり過ごせるが翌月以降支払い義務が生じる
  • 高還元率といっているが年利として置き換えると金利が高い
  • クレジットカード現金化はカード会社の規約に違反しているのでクレジットカードを止められる可能性がある

特徴をまとめると、利用者は即金が欲しい人が多く、即時にお金が得られる代わりに高い金利の支払いをしなくてはならず、場合によってはカードを停止される恐れのあるサービスとなります。

 

よくよく考えてみると、高利貸しからお金を借りたくないがクレジットカード現金化は利用するというのは、矛盾があります。

 

それはクレジットカード現金化の金利は年利に換算すると国が定めている20%までというルールを軽く越えた数値を叩き出す、高金利だからです。

 

フリーターで安定した収入がないからクレジットカード現金化をするというのも、翌月以降の生活を考えたらお金を返せる保証がないのでおかしな話なのですが、クレジットカード現金化には借金をするといった感覚が薄いという特徴もあります。

 

その為つい利用してその場をしのげればOKといった感覚になってしまうのでしょう。

 

このように金銭感覚が麻痺していく危険もあります。

 

銀行や消費者金融の審査が通らないという人にとっては最後の砦という形になるのでクレジットカード現金化の存在そのものが悪いということではなさそうです。

 

しかし、軽い気持ちで利用しているとそのうち返済能力を超えた借金を抱えることにもなりかねないので、ご利用はほどほどにしておいたほうが良さそうですね。

 

特に始めて利用するという人は悪徳業者からの詐欺に遭う可能性が高いので気をつけましょう。